スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孔子廟・中国浪漫  (長崎ランタン旅行記、その5)

    P2157491.jpg





    P2157498.jpg





    P2157502.jpg





    P2157504.jpg





    P2157489.jpg
              



            今回から、ここ孔子廟が新会場になったということで、

            それはそれはカメラマンがいっぱい


  
            でも私たちは、湊公園のイベント、「龍踊り」をみるために、

            撮影もそこそこに、Uターンしたのでした。。。



            ここは普段は午後5時までしか開いていない上に、入園料は有料。

            このランタンフェスの時季は、午後9時までライトアップされていて、その上無料。



            先ほど、HPに行ってきましたが、
            お昼間の写真ばかりで、らいとアップされたこのときにいけてよかった、と
            しみじみ喜んだことでした(*^_^*)



            でもできれば、もっとゆっくり撮りたかったなぁ。。。

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメント

こんばんは。
異国情緒ですね。
赤が基調で素晴らしいです。

仁子さんこんばんは♪
短い時間の中で頑張って撮ったのですね~
逆光が多いけど、露出もよくコントロールされていますね^^
孔子廟…ちょっと艶めかしい感じがします(^-^)

仁子さん、こんばんは☆
異国情緒漂う素敵なお写真ですね。
ロウソクの灯りや逆光が醸し出す雰囲気が
素晴らしいです。
夜のライトアップをそれも無料で見ることが出来
嬉しいですね。

仁子さん こんばんは♪

ちょうどライトアップされた時間に撮影出来て
ラッキーでしたよね!
異国情緒溢れるお写真ですね!
一枚目のろうそくの炎に孔子廟の建物が浮かんだ
写真、とっても好きです♪

仁子さん、こんばんは。
そう、ここです、ここ^^
仁子さんは左側の石像から写真を撮りましたか!!
私はほぼ同じアングルで右側の石像から撮りました。
二十数年前に(笑)

長崎、素敵な街ですね^^

中国の孔子廟とそっくりですね。
日本人の服装が雰囲気と合っていませんね。
ここに入る時は女性はチャイナドレスを着たほうが建物と合います。
チャイナドレスの仁子さん・・私は何を考えているのでしょう?(失礼!)

2枚目の写真は手前の像にピント合わせたら、もっといいい感じになったのでは?

こんばんは

孔子廟って言うんですね^^
ライトアップされた日に訪れることが出来て
本当に良かったですね^^
臨場感のある素敵な写真ばかりでとても
良いですね~~
もっとゆっくり撮影したいと言う気持ち
凄くよく解ります^^
ツアーで行くと時間を決められてしまいますからね(^^;
僕もツアーで行く時はここで放って帰ってくれていい!とか
思ってしまいますw

おはようございます。
夜の長崎も賑やかな様子ですね。
異国情緒溢れる雰囲気も良い感じだと思います。
ツアーだと、スケジュールもある程度決められてしまうのかもしれませんが、それでも素敵な旅で良かったですね♪

おはようございます

写真を見ていて、ゾクッとした感じでした。
怖いとかじゃあなくて、気持ちが
タイムスリップした感じ。
ずーっとぼーっと、この空間に包まれていたい。。。

仁子さん、おはようございます^-^

闇に輝く灯り、美しいですね。
ランタンの紅い色が、横からの構図に静けさと華やかさの両方を写し出していますね。
全てがとても素敵です。

23年目のご結婚記念おめでとうございます。
優しくてしあわせな色の花束にご主人様の想いが
ほのかに表れていらっしゃるようで、見させていただいているこちらまでもしあわせな色に包まれました。
秋生まれの2月結婚記念日、同じなんです(^^)
血液型もいっしょでしたりして。
お写真の朱赤がとても魅力的です。
朱赤を見ていると、きもちが強くなれます。
中国の文化、その個性すてきです。
これだけの歴史深く文化大国、地球の宝ものですよね。
地球にやさしく、他国とやわらかく手を繋ぐことができれば、まさに世界の中心の国になるのでしょうね(^^)

ノリかめさんへ

> 異国情緒ですね。
> 赤が基調で素晴らしいです。


   ありがとうございます(*^_^*)
   朱赤が、ほんとうに鮮やかな場所でした。

pxoxさんへ

> 短い時間の中で頑張って撮ったのですね~

   
   そうなんですよ^^;
   ほんの10分ほどがちゃがちゃと撮ったので、
   やはりこういうときは、1つの場所をじっくりがいいな、と
   カメラマン的には(笑)おもいました。

   でも観光者的には、できるだけたくさんのところを回りたいですものね~☆★

あきさんへ


> ロウソクの灯りや逆光が醸し出す雰囲気が
> 素晴らしいです。


    ありがとうございます(*^_^*)
    なんせ、短い滞在時間だったもので、
    走るように廟内を動き回って撮りました。

    いいな、とおもったときに直感的に撮ったものばかりです(^_-)-☆

june**さんへ

> 一枚目のろうそくの炎に孔子廟の建物が浮かんだ
> 写真、とっても好きです♪


    うれしいです"^_^"
    
    技術的にはともかく、
    私の出合った孔子廟のイメージを、これが一番表しているので
    一番上に持ってきました。(撮影順もほぼこの順ではありますが)

サトちゃんへ

> そう、ここです、ここ^^
> 仁子さんは左側の石像から写真を撮りましたか!!
> 私はほぼ同じアングルで右側の石像から撮りました。
> 二十数年前に(笑)


    そ~なんですねっ!
    とにかくこの日は、三脚を立てて撮られるカメラマンさんたちが多く、
    (たぶん此処で祭りが行われるのが今年が初めてだからでしょう)
    その間を縫って撮りました。

    実はサトちゃんと同じ方角から撮ったら、たくさんのカメラマンさんたちが
    背景に写っちゃうので、こっち側から撮った、ってのが内幕です(笑)

鈴猫さんへ

> ここに入る時は女性はチャイナドレスを着たほうが建物と合います。
> チャイナドレスの仁子さん・・私は何を考えているのでしょう?(失礼!)


     否定されましたが、もしかしてやっぱり鈴猫さんって、ス○○?(笑)

>
> 2枚目の写真は手前の像にピント合わせたら、もっといいい感じになったのでは?


     アドバイスありがとうございます♪
     実は一枚撮ってたんですが、胸から下しか写ってなかったのと(手前の像が)
     奥が写ってなかったので、こちらにしました。

     今度からこんな感じで並んでいるときは手前にピント合わせてみますね"^_^"

土佐けんさんへ


> 僕もツアーで行く時はここで放って帰ってくれていい!とか
> 思ってしまいますw


    
    ツアーのいいところは、安価なところ、飲めるところ(笑)、眠って移動できるところ、
               ちょっとした友達ができるところ(笑)

    ツアーの困るところは、ゆっくり撮影できないこと!!!  ですよね?


ツアーに参加される方はほとんどカメラを持たれていないのも不思議です。
勿体無い!(笑)

スーさんへ

> ツアーだと、スケジュールもある程度決められてしまうのかもしれませんが、それでも素敵な旅で良かったですね♪


   はい、限られた時間で、という制約がありますので
   おもうようには撮れませんでしたが
   それでも、安価でお祭りにいけて撮影できるという、やはりいい機会に恵まれました☆

Mieさんへ

> 写真を見ていて、ゾクッとした感じでした。
> 怖いとかじゃあなくて、気持ちが
> タイムスリップした感じ。
> ずーっとぼーっと、この空間に包まれていたい。。。


    それがやはり、タイトルに付けた「中国浪漫」でしょうか?

    蝋燭の光も、この朱赤の建物も、この白い像たちも、
    静かなときの中に佇んでいる感じ。。。ではありましたが、
    実際はお祭りなので、
    カメラマンが大勢、三脚を立てておられました(>_<)

まりすさんへ


> 闇に輝く灯り、美しいですね。
> ランタンの紅い色が、横からの構図に静けさと華やかさの両方を写し出していますね。


    ほんの短い滞在時間でしたので、
    せわしく動き回り、構図もあまり考えずに直感でシャッターを押した写真ばかりです。

    写真については不満はありませんが
   (出来がいいという意味ではありません、不本意ではないという意味です 笑)
    もう少し、此処の空気感をじっくり味わいたかったという未練は残っています。

englandroseさんへ

> 秋生まれの2月結婚記念日、同じなんです(^^)
> 血液型もいっしょでしたりして。


まあ、そうなんですね♪
   ここでカミングアウトしちゃいますと(笑)、
   A型でーす☆



> これだけの歴史深く文化大国、地球の宝ものですよね。
> 地球にやさしく、他国とやわらかく手を繋ぐことができれば、まさに世界の中心の国になるのでしょうね(^^)


   母が数年前に中国に旅をしているのですが、
   それはそれは文化のスケールが大きいと感動して帰ってきました。
   それだけの歴史ある国、
   政治的にも世界や未来を見据えてほしいものですね。

こんにちは。
このランタンの明かりって、ほんまに温かですね。
この下を歩いていると、身体も心もオレンジ色に染まってしまいそうです。
この雰囲気が、中国の雰囲気なのですね。
でも、時間の制約があるなかで、素敵な場面をよく切りとられてますね。
私なら、この明かりの下で撮りますと、もっと暗くなってしまいます。
臨場感溢れるお写真、ありがとう。

ホワイト10さんへ

> このランタンの明かりって、ほんまに温かですね。


    それは、みてくださっているホワイト10さんのお心が
    あたたかいからだと、わたしはおもいます(*^_^*)
    写真って、撮る人もですが見る人の心も映すなあって
    近頃おもうんですよ。


> でも、時間の制約があるなかで、素敵な場面をよく切りとられてますね。

     
    ありがとうございます(*^_^*)

    ちょうど今日でブログ開設一年になります。
    この一年、
    自分の興味のあるものを撮ってきましたが、
    旅写真は、私のこれからも撮っていきたい、大きな1つだと感じています。

    初めて出会った感動、
    その日そのときの光と影、そして自分のおもい、全てがそこに入ったスナップは
    後で見返しても、とても記憶に残る一枚になりました。

    空、そして花樹も、もちろん撮りたいですが
    旅写真は、今年は自分の大きなテーマになるような気がしています。


    いつか教えてくださったように、まだまだテーマを絞りきることはできませんが、
    自分がどんな場面に心を動かされるか、
    そんなことが少しずつではありますが、見え始めてきたような気がします。

    これからもどうぞ、よろしくお願いいたします♪
Secre

プロフィール

仁子

Author:仁子
写真と言葉に「おもい」が映ればいいな☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。