スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の途中

IMG_7891-(650x433).jpg



                
                  フラを始めて、やっと3年半になりました。

                  今月末から、チーム移籍をして、
                  本格的に自分の夢の階段を上りはじめます。

                   階段の踊り場には扉があって、そこを開くと
                   わたしの見たこともない世界が広がっている。。
                   それはコンペ(大会)だったり、
                   仲間との厳しい練習だったりするのかもしれません。
                   わたしはまず、その扉の向こうの世界を経験したい。
                   それが、わたしの夢の第一段階です。


                   でもそこがわたしの最終目標ではないんです。
                   大会で入賞すること、
                   上手い踊り手になること、
                   それは もし叶ったらうれしいことですが、
                   わたしの真の夢は、
                   そこがデパートの催しでも、福祉施設の慰問でも、
                   舞台の大きさや観客の人数に関係なく、
                   表現者としてそこに立つこと。
                   そして、
                   フラの物語と わたしの内面がリンクして、
                   私の肉体が精神がそこで表現するものが
                   観客のたった一人にでも届いたら、
                   わたしの魂の輝き、すなわちブローチの光が
                   観ている人の心を震えさせることができたら、
                   もう 死んでもいいかも (笑)


                   カメラを構えて、花を撮る時に
                   どうやったら美しく撮れるかは考えたけど
                   母のように純粋に花の美しさに向き合い、
                   感動していなかった気がします。
                   (最初は感動していたなあ。
                    旅先でのスナップ写真は
                    今も撮りながらワクワクします。
                    撮る時も、そして後でみる時も。)
                   そんなわたしが、
                   踊り手としてそこまでいけるかどうか夢のあとさきはわかりませんが
                   だからこそ、
                   そこに向かって、夢の階段を上り続けたい、そうおもっています。
                   十年かかっても、二十年、三十年かかっても。



                 《追記》
                 
                   年に一、二度の更新になるかもしれませんが
                   此処は閉じないつもりでいます。
                   
                   無理に更新したり訪問させていただくのはやめよう、
                   と心のままにこの数ヶ月を過ごしてきましたが、
                   昨夜お風呂に入って旅写真の本をめくったら(ひさしぶりに)
                   急に更新したい衝動に駆られ、お風呂もそこそこに
                   上の記事を更新しました。
                   そしてみなさんのところを回らせていただいて、
                   以前のまま、暮らしも写真も楽しみながら
                   (現実生活は色々あられたでしょうが)
                   ブログを続けておられる方々に、
                   ふるさとの幼馴染が、「ひさしぶり♪」と手を上げて
                   迎えてくれたような嬉しさと懐かしさを感じ、
                   諸事情でブログを閉じられたところに対しても
                   あのときの交流の温かさや確かさが、
                   わたしの胸の中から去っていないことを
                   感じさせてもらいました。


                   この数ヶ月、わたしはきっともうここには戻らないんだろうな、
                   と漠然とおもっていたのですが
                   見事にわたしの心は真逆に動いたのでした (笑)
                     
                 
                   次の更新の予測も立たず(笑)
                   これからもスポンサーサイトが最新記事に座り続けるでしょうが、
                   そしてコメントのお返事も書かなかったり
                   (お返事は次の間遠な記事とおもってくださるとありがたいです)
                   訪問も滞ったりするとおもいますが
                   記憶のはじっこに、此処を留めておいていただけると
                   大変ありがたいです。 (むせび泣きます)



                              
                   写真とこの長文の記事を最後まで読んでくださったあなた、
                   ありがとう☆!


IMG_0393 (650x433)


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

コメント

No title

おはようございます。
自分の夢に向かって進む。
素敵な生き方だと思います。
頑張って下さい。

No title

おはようございます♪

半年ぶりの更新、嬉しく思っています。
方法は違えど夢に向かって心をときめかせて、日々を過ごされるのは素敵な事だと思います。
時々ここでその過程を拝見できれば嬉しいです^ ^

ノリかめさんへ

たったいま、記事に追記を書き、
その勢いで お返事を書いています^m^

昨夜遅くにこの記事を書いた後に
ノリかめさんのところに行かせていただきました。
写真の色々は、以前も今も変わらずわかりませんが
ノリかめさんが、日常の中でカメラとどう付き合い、
どう生きられているのか、そんなことに思いを馳せながら見せていただきました。


人生で母になること、が一番の夢だった私。
いまもその夢を驀進中ですが(笑)
もう一つ、夢を抱き追えるしあわせをかみしめています。

生きていればこそ、ですよね。
先に逝った友の分も、
できれば 母の生きている間に
夢の何分の一かを叶えたいです☆

なべちゃんへ

早速来てくださってありがとう。

多分、追記を書いている時間に
コメントをくださったとおもうので
もし、読まれていなかったら追記部分を読んでいただくとありがたいです。
(そちらへの鍵コメにも一部書かせていただいたことです)


心のままに過ごしていたら
ほんとうに自然に、ここで生き生きと記事を更新したり
なべちゃんや皆さんのお写真をみせていただいたり
こうしてコメントのやりとりをすることが楽しい自分が
今ここに居ます。

またきっと長く留守にするとおもいますが(苦笑)
幼なじみのなべちゃん、
それなりに時々 ふと思い出してやってください。
忘れたころに またやってきます(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんわ~w
いや~ 仁子さんらしい一途な頑張り方^^
そこまで貴女を突き動かすというのは
フラの魅力は半端じゃないってことですね☆
とにもかくにも、お元気でいらしたのがとっても嬉しいです♪
ひょっとして体調が良くないのかななんて、陰で心配していたんですよ。
カメラは邪魔にならない程度に御伴させてあげてくださいね♪
またいつか、楽しくお話しする日が来ますように。
ではでは~(^▽^)/

こんばんは

自分の夢に向かって突き進む、
良いことだと思います^^
きつい坂道、きつい階段を登るとき
しんどくなったり、止めたくなったりすることもあると思います。
無理はしないほうがよいですが、
一度しかない人生です。
自分が考え抜いて決めたことには前向きに
すすんで欲しいです。
遠い大阪の空の下から応援しています^^

スポンサーサイトになってもよいです。
半年、一年経とうが、思い立った時に
カメラに向かい、撮った画を見せてください^^
いつまでもお待ちしています^^
頑張れ!仁子さん^^

鍵コメ(K)さんへ

鍵コメさん、おはようございます♪

実は昨日そちらにお邪魔して拍手コメントをいれさせていただいたんですが、何度投稿しても失敗の文字。
泣く泣く帰ってきました。
でも、気持ちは通じていたんだなあって、
このコメントをいただいて「思いは届く」と嬉しくなりました。
差しさわりのない範囲で昨日の拍手コメをここに書かせてください。

「おひさしぶりです。そして長くのご無沙汰をお許しください。

確か3月にあたたかいコメントをいただいていたのに、返すこともせず申し訳ありませんでした。
言い訳ですが、そのときは自分の心がこちらに(自分のブログも含め)向いておらず、
自分の心が自然にこちらに向かうまで(もし向かないときはブログを閉じるつもりで)待っていてほしい、そんなワガママな気持ちだったような気がします。

昨夜ほんとうにひさしぶりに更新したい衝動に駆られ、一気に五ヶ月ぶりに更新しました。
そしてわたしが失いたくないのは、あのブログで出会えた人たちとのご縁みたいなものなんだな、
ということもわかりました。
ひさしぶりにいくつか回らせていただくと、ブログ自体を消されているところ、相変わらずふるさとの幼なじみのようにそこにいらっしゃるところなど、いろんなところがありました。
でもわたしにとっては、Kさんも含め、
あの時の自分とお一人お一人との交流が、胸の中に生き続けています。

Kさんがお元気で写真を撮り続けられますよう、お写真の花に話しかけました。」


本文記事に重なるところが多々ありますが、上の文章はKさんだけに(わたしにとってはTさんですが^^)書いたものです。(コピペしてとっておきました)

ぽとすさんへ

> 一途
> 突き動かす

リアル友がよく私を評するときに使う言葉です。
さすがぽとすさん♪

そして昨日、記事を書いたついでに
いくつかの以前の自分の旅写真を遡りました。

写真っていいなあ、、、
改めておもいました。
わたしにとっての写真は、人様に魅せるものというより、自分が見返して、そのときの自分や隣りにいた人(母が多いですが)のことを鮮明に思い出す、
ドラえもんアイテムみたいなものかも、と感じます。
肩に力を入れて撮らず、
自分がシャッターを押したいとおもったものを撮る、
ありのままの~♪ ですね^^

フラももしかしたらそうかも☆


覚えていてくださってありがとう(*^_^*)

土佐けんちゃんへ

タイトル、お許しください(笑)

だって幼馴染の筆頭頭に浮かんだのが、
けんちゃんだったんですもの^^
(もちろん助手さまもペアで^^)

昨日は自分の写真を遡ったり、訪問者の履歴を辿ったりと、ちょっとここで遊びました。

けんちゃんが何度も遊びに来てくれているのがわかりました。
きっとけんちゃんは、わたしだけでなく
一度つながった人とはずっとこうして温かく長くご縁を結んでいかれる人なんだなあ、とおもいました。(その数はブログでも何十人、リアルを入れたら人生五十余年、どれだけの多さ濃さでしょう!)、
そして、わたしのところをクリックされる時は
わたしのことだけをおもってくださってるんだろうなあと
安心できる港を持っているような気持ちにもなりました。


いつか、けんちゃんご夫妻にわたしのフラを見ていただく、そんなご縁がもしかしたらあるかも☆
それも夢に入れておいていいですか(*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

卒業のご挨拶

こんにちは 仁子さん^^

この度 6月いっぱいでfc2から卒業することになりましたのでお知らせに上がりました

ブログ同級生としてお付き合いいただき
色々有りましたが 進路はそれぞれ(笑)

これからも 超マイペースの更新で”今”を楽しんでくださいね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secre

プロフィール

仁子

Author:仁子
写真と言葉に「おもい」が映ればいいな☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。